せどりを行う際の注意点

せどりには実は免許が必要となる場合があります。まず、免許が必要ではないものを解説しますと、自分で購入した商品をオークションで売却をする行為は免許が必要ではないです。ですが、せどりで同じ商品を何個も出品していたり違うオークションに小穴自商品を別々に大量に出品をしている場合は実は商売をしているとみられ古物商許可が必要になります。その為、同じ商品を大量に一度に同じ場所で販売していたりしますと免許の提示が必要になりますので注意が必要です。古物商許可は警察署で取得することができますので取得に関してはインターネットで取得方法について詳しく記載されていますのでそちらを見たほうが良いでしょう。ちなみに、この免許は商売をしているうえで必要になる免許で、応用としては、中古商品を購入してレンタルをする場合にも必要です。その為、インターネット上でレンタルサービスなどを行う際にも必要になりますので注意が必要です。しかし、この免許は取得することでメリットも大きいです。一つは大々的に商売をしてもよいという許可を得ていますので同じ商品を大量に転売しても罪に問われません。これは商売をするための証明書ですので取得していると罪にならないのです。他にはビジネスで中古品を扱うせどりを行っているのであれば税金が軽減されます。これは許可を持っていない人が転売で利益を得た場合、税金として売上金から差し引きをされるという意味です。新品を転売する際にも実は古物商許可が必要となる場合があり、こちらも同様に多数の新品をビジネスとして転売する場合必要となり、明らかにビジネスで商品を販売していると見られた場合、古物商許可が無いと罰せられるということです。後は信用力にも差が出てきます。ご存知の通りこの古物商許可は警察署にて発行をしますので、警察から商売をしてもよいと評価を得てせどりにて商売をしています。その為、古物商許可を得ている人と比較した場合、商品の販売においては一定の条件を満たした人物であると証明されています。一方で古物商許可は取り消しをされることもあります。これは商売をしているうえで悪質な商品取引をしていたもしくはしているとされた場合、免許が取り消されるということです。つまり、免許を持っているからと言って好き勝手にせどりにて転売を行うことができるというわけではなく、場合によっては販売した商品の責任を取るということも責任という形で免許を取得した証として発生します。以上がせどりを行う際の注意点です

未分類

Posted by admin